薬剤師転職で変わった勤務場所はどんなところ?

薬剤師転職で、国や都道府県などの行政機関で働く場合は、医薬品の審査やさまざまな承認業務を行ないます。
また、保健所で勤務する場合は、厚生労働省から依頼を受けて、医薬品の販売許可や劇薬の監視、保険統計の調査などを行います。
保健所の仕事は、薬事衛生、生活衛生、食品衛生、水道衛生、廃棄物衛生などに細かく分かれています。
また、研究所に配属されれば、食品の残留農薬の調査や医薬品の品質検査などを行ったりします。
薬事情報センターと呼ばれる施設が各地にありますが、そこでは薬に関する知識を、医師や薬剤師、一般の人々などに提供しています。
ちょっと変わったところでは、麻薬取締官なども薬剤師の資格が必要になるようです。
薬剤師転職の面接対策はどうする?