カラコンは痛くないって本当?

カラコンは痛くないって本当なのでしょうか。
本当のところは、レンズにもよるし状態にもよると言ったところでしょう。
カラコンでも、もともと連続装用レンズを開発してきたコンタクトレンズメーカーの場合、酸素の透過性や、水分の含有量など装用感にこだわった研究がされてきています。
眼科医の処方を受けて、ベースカーブや度を合わせておくとトラブルを避けることが出来ます。
痛みが出てしまう場合の原因には、連続装着時間を無視して長時間つけていたり、ホコリが入ったときにこすってしまった、眼病による炎症が起きているといったことが考えられます。
中には、消毒効果の高い洗浄液を使用した後にすすぎが悪いせいで、レンズを入れたとたんに激痛を感じることもあります。