自作パソコンとは?

自作パソコンとは、パソコンのパーツを購入し、自分で組み立てて作り上げる「自分だけのパソコン」です。
自作パソコンが多く作られているのは、「PC/AT互換機」と呼ばれるものです。
自作パソコンの組立作業には「電子回路の知識が必要では?」また、パソコン内部で、各パーツが果たす役割や、パーツの構成の仕方などに関して知識は必要ですが、「パーツの内部がどうなっているのか?」などの知識までは無くても、自作パソコンを組み立てることはできます。
初めて自作パソコンを組み立てる人は、できれば経験のある人に相談に乗ってもらったり、作業を見せてもらったりしてから、自分での組み立てに挑戦すると良いでしょう。