リフォーム・リノベーション・新築の3択でベストなのは?

これから家を持とうという人は、大きく分けると2通りの選択肢があります。
一つは新築を購入する方法で、もう一つは従来の家をリフォームする方法です。
両者の一番の違いはトータルの費用で、当然従来の家をリフォームする方が安く付きます。
ですが従来の家をリフォームする方がより費用がかかってしまう場合もあります。
例えば老朽化が進んだ家だと、リフォームをした所で土台が古くなっているため、家の寿命は変わりません。
そのためリノベーションをする必要が出てきてしまい、結局は費用がかかる計算となります。
そうした事を考えると新築を思い切って購入する事もアリですが、リノベーションはリフォームと新築の中間に位置する程度の費用が発生します。
よってマイホームを検討中の人は、家庭の事情や家族構成を十分に考慮した上で、リフォーム・リノベーション・新築の中から最もベストな選択をしてみると良いでしょう。